① 競技スキーって?

競技スキーはセットされた旗門を滑り抜け、タイムを競うものです。
基礎スキーと違い、滑る姿には関係なくスタートからゴールまでのタイムが速ければいいのです。
でも、(結果的には)やっぱり、美しいものが速いのですが・・・・。

とにかくタイムのみの勝負なので、勝っても負けても納得感があります!
 …オリンピックでも草大会でも100分の1秒で勝敗がきまるところは同じです。

② 競技って、どんなんがあるの?

日本国内で行われる社会人の大会はほとんどが「大回転(ジャイアントスラローム)」です。
通常のゲレンデを使って、長さ1kmくらいの斜面に30~35旗門くらいをセットしてタイムを競います。(正式には2本勝負ですが社会人大会は、ほとんどが1本勝負です。)
たまに「回転」の試合もあります。長さが半分(500m)くらいで旗門数は同じ30~35くらいで、こちらは2本の合計タイムで勝負を決めます。

④ 公式戦に出るには?

社会人で競技スキーを頑張っている人の目標は"国体出場"か、年齢が上の人は"全日本マスターズ"だと思います。
国体出場のためには、都道府県の国体予選に出場して1~3位(都道府県によって人数は異なる)に入らなければなりません。マスターズも予選参加が条件になります。
このような都道府県が開催する公式戦に出場するためには、スキー連盟に登録することと連盟に登録しているクラブに所属することが必要になります。
ということで、競技スキーをやろうと思う人は"運営がしっかりしたクラブ"に入ったほうがいいとと思います。(カンスラは組織のしっかりした社会人スキークラブですよ-PR)

⑤ 30過ぎても大丈夫?

言い忘れましたが、国体は年齢別出場で、男子の場合には①高校生枠 ②A:27歳未満 ③B:27~34歳 ④C:35歳以上 と4つのグループに分かれています。
また、マスターズ大会は35歳以上で5歳きざみと細かくクラス分けされています。なので、30歳から競技を始めても十分に間に合いますよ!

⑥ 競技スキーにはどれくらいお金がかかるの?

あなたがスキーをしている人で、これからも一匹狼で草大会に出るだけなら今までのスキー代に草大会参加費(3,000円~4,000円×試合数)とWAX費用(1シーズンで1万円くらいかな~)がかかると考えてください。
でも公式戦にもやっぱり出たいですよね~。
公式戦に出ようと思えば・・・・どこのクラブでも大体同じと思うけど

① 今までのスキー費用
② 試合の参加費用(4,000円~5,000円×試合数)
③ WAX費用(1シーズンで1万円くらい・・・人にもよります)
④ クラブ年会費(カンスラでは1シーズンで1万円)
*これにはスキー連盟に毎年納める個人登録とクラブ登録の費用が含まれています。

⑦ スキーやブーツはどんなのを使うの?

とりあえず試合に出るなら今のスキー、ブーツでOK!

国体本戦とか国内のレベルの高い大会(通常我々は参加できないA級大会など)に参加するためにはスキーの長さやサイドカーブの大きさに関する規定がありますが、大阪府の地区大会では推奨"とされていますので、すぐに道具を買い替える必要はありません。

ただし、実力が上がってきたらやっぱり大回転にはGS(ジャイアントスラローム)用、回転にはSL(スラローム)用のスキーを買うのがいいでしょう。

(定価は板と金具とプレート一式で13~15万円:私は1年落ちを7~8万円で買ってます。)

ブーツもレース用のものは、保温性や履き心地よりエッジングの正確性(脚の傾きを正確にしっかりと伝える)を追求するので、硬くて値段も高くなります。(定価8~9万円:1年落ちで5万円くらい)

⑧ 練習はどうやってするの?

カンスラの場合は練習用のポールやタイム計測器をもっているのでスキー場のゲレンデを借りてみんなで練習したり、個人で練習するときは、スキー場やプロ(例えば海和さんとか)がやっているポールレッスンに申し込んで練習します。